アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
インフォメーション

2011年08月16日

外国にはちゃんと理屈の判る人がいるんだよなぁ

アメリカだけどさ
やっぱりアメリカだよなまともな考え方の持ち主がいる所は
富裕層に増税を=米著名投資家
うんうん
そなんだよ
そこにメス入れないとだめなんだよ
米著名投資家ウォーレン・バフェット氏は、
15日付の米紙ニューヨーク・タイムズに寄稿し、
「私や私の友人たちは、億万長者を優遇する議会に
長期間甘やかされてきた」とした上で、
年収が100万ドル(約7700万円)を超える富裕層に対し、
即刻増税すべきだと述べた。
米国の財政問題が世界的に注目を集める中、
同氏の意見は論議を呼びそうだ。
そうんなだよ
規律ある自由な社会、規律ある自由な経済活動
を目指すのは良いんだけど
そうそれは極自然なことだと思うけど
格差がある社会ってのはどうもおかしいんじゃないかなと思うんだよね
学校でそんなこと教えないのに
学校を出ると実は格差でどうにも動きが撮れない社会に急にほっぽり出される
その現実に無言の抵抗をしてきたのが若者なんだけど
従来はただ黙って従って来たのが現実だけど
ここ20年くらいそれが様変わりしてきた
若者が文句を言わなくなったのだ
文句も無言わない代わりに
若者が社会を見限った感がある
文句も言わない、社会に適合しない
全く無抵抗無気力
そう引き籠もりもその一面だが
それだけじゃない
社会に入っても若者にエンタープライズが全く無い
これも実は若者の無言の抵抗では無いかと思う
こんな社会が続いたら・・・

あのバフェットさんは考えたんじゃないだろうか



同じカテゴリー(世間話)の記事
 史上初でしたっけ? (2010-09-10 14:40)

Posted by そうげつ at 11:41│Comments(0)世間話
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。